Mosrite Cafe ハウスアーティスト・バンド

寺内タケシとブルージーンズ
中村 真也 (寺内タケシとブルージーンズ)
大森 隆志 (サザンオールスターズ)
TOMOKO
エディ 播
BLUE MOON
= Asking Life =

ベンチャーズバンド

ハーバーベンチャーズ
梅野浩二とwooPs

11.12 DATE 桜花昇ぼる&鳴海じゅん

元OSK日本歌劇団・桜花昇ぼるさんと、元宝塚歌劇団・鳴海じゅんさんのコラボライブ「DATE」がモズライトカフェにて開催されました。
「2人とカラオケデート」がテーマになっており、お客様を夢の世界へと誘います。

SMAP「世界に一つだけの花」からはじまったDATE。

お二人とも元男役スターというだけあり、魅惑の低音ボイスで女性曲だけでなく男性曲も歌いこなします。

鳴海さんは昼の部は小林明子の「恋におちて」や中森明菜・小柳ルミ子のヒット曲などを、夜の部は久保田早紀の「異邦人」などを披露。
自分らしさが前面に出る楽曲を選曲したという鳴海さん。彼女の持つ色気が溢れ出し、会場は極上の雰囲気となりました。
桜花さんは中森明菜の「赤い鳥逃げた」や河村隆一、TUBEの名曲などを披露。夜の部はサングラス姿で登場し、寺尾聡の「ルビーの指輪」を唄うなど、貴重な桜花さんも見ることができました。
OSK日本歌劇団を退団し、女性としての姿、そして男性としての姿、両方こなすことのできるという最高の武器を身に着け、活躍し続ける彼女の現在を表すような選曲だったように思えます。

ふたりの個性と個性がぶつかり合い会場は凄まじいボルテージとなりましたが、合間合間に入る各々のMCもまた絶妙で、笑いが起こるような微笑ましい光景も見られました。流石はお客様を楽しませるプロです。

2人で唄う少年隊の「君だけに」では、其の個性と個性が一つになり、究極のメロディーとなり、お客様のもとへ届けられました。

中盤では、DATEの構成を務めた田中準子さんがピアノで、そして音源・映像作成を務めたモデルや俳優としても活躍する橋口俊宏さんがトランペットで「星に願いを」を演奏してくださいました。
2人の極上の演奏とコンビネーションで心が癒されたお客様も多数いらしゃったのではないでしょうか。
鳴海さんのラスト曲は昼の部は山口百恵「さよならの向う側」、夜の部はCHAGE&ASKA「LOVE SONG」
桜花さんのラスト曲は昼夜ともに、シャンソンの名曲「歌いつづけて」
両者の魂のこもった歌声に再び観客は息をのみます。

昼の部夜の部ともにラストの曲となった「コカパバーナ」はアップテンポの曲で2人とも軽快なダンスを刻み、ハイテンションに歌い上げました。

そしてアンコールではなんと着物を羽織り登場。
披露曲は「永遠のカンパニージャ」
此の曲は片倉小十郎と真田幸村の物語を描いたミュージカル「永遠のカンパニージャ」に因んだ曲です。主演として出演したお2人にとって此の曲がラストであることは必然だったのかもしれません。
想いを込めて此の曲を唄いあげ、DATEは終了となりました。

お客様は終始、魅了され続け、一生忘れることのできない素敵な「DATE」になったのではないでしょうか。

最後にはモズライトTシャツを着て、写真まで撮ってくださいました。出演者の皆様本当にお疲れ様でした。
そして、お越しいただいたお客様、誠に有難うございます。
御二人主演の舞台「大阪城パラディオン」もお見逃しなく!!
                               Live & Restaurant "Mosrite cafe"

ライブ写真

Page Top
Page Top